どんな仕組みになっている?

クレジットカードを使う仕組みをおさらい

ネットショップだけでなく、新しい決済方法として一般の店舗でもキャッシュレスをするためにクレジットカードが使えるようになっています。クレジットカードの仕組みというのは、カードには専用のチップが入っておりその中には登録者の氏名や住所そして銀行口座の番号といった情報が電子情報として記録されています。 その記録された情報を基に、クレジットカードを専用の端末に入れるとチップから契約している銀行側に情報が伝達され使った分のお金が引き落とされます。そして、店舗側は引き落とされた額の電子情報が記録されることによって、その情報を基に顧客が契約している銀行から店舗が有している銀行口座に入金することで決済されるという流れになります。

店舗とクレジットカード会社の中継として使う

キャッシュレス化が進む中で需要が増えているのが、店舗とクレジットカード会社の間に立って決済を行ってくれる決済代行サービスの存在です。なぜ需要が伸びているのかというと、それは店舗側の手続きを簡略化することで負担軽減をしたいからです。一口にクレジットカードといっても、複数のクレジットカード会社があります。当然ながら、顧客によって保持しているクレジットカードの種類は異なるので、店舗ではそれぞれのクレジットカード会社と提携をして決済を行わなければならないです。 複数のクレジットカード会社と提携すると多くの顧客が利用しやすいので利益につながりますが、その反面それぞれの決済情報をクレジットカード会社に伝えないといけないので面倒です。そこで代行サービスと提携することで利息を支払う代わりに、この決済情報を一元化することで手間を省略できるので人件費によるコストカットができます。