簡単にクレジットカード決済が導入できる

現金決済だけではなくカード決済も利用できるようにすれば有利に

日本は現金で商品を買う人が他の国よりも多いと言われています。しかしながら、インターネットが普及したことでクレジットカードを利用する人が必然的に増えています。と言うのは、オンラインショップで決済をする場合、銀行振り込みと比べると決済のタイミングが早い分、商品が早く発送され、また振り込みに関する手数料が不要などのメリットが多いからです。さらに、カードを使うとカード会社から決済額に応じてポイントが付与されるので、それを目当てに利用している人もいるでしょう。 したがって、今後、オンラインショップを運営するのであれば、銀行振り込みと代引きだけではなく、クレジットカード決済も使えるようにしておいた方が集客の面で効果が見込めます。

決済代行サービスの審査はカード会社の審査よりもハードルが低め

クレジットカード決済を導入するのはそんなに簡単ではありません。なぜなら、カード会社はショップに対して高い社会的な信用を求めるからです。新規にサービスを始めたオンラインショップの場合、カード会社の求めに応じて書類を送っても審査で契約を断られる可能性も少なくありません。 では、カード会社との直接契約が難しい場合はどうすればいいのかというと、決済代行サービスに申し込むという手があります。決済代行サービスではカードの決済システムの利用を申し込むと独自で審査し、問題ないと判断した場合に自社で契約したカード会社の決済システムを貸与してくれます。決済代行サービスによる独自審査は、カード会社の審査と比べるとハードルが低いので、カード会社と直接契約できないショップでもカード決済を導入できる可能性が高いのです。