入金管理の手間が省ける!

審査や契約手続きも代行してくれる

決済代行サービスを利用するメリットとして見逃せないのが入金管理の手間を省けることです。売上やキャンセル時の返金など入金管理で行う作業は多岐にわたります。また、複数の決済手段を導入する場合、決済機関ごとに異なるシステムを使わなければなりません。個人事業主など人手が少ない環境では、経理に負担がかかり他の業務に影響が出る恐れもあります。さらに、決済機関によって入金サイクルも違うので、自社ですべてを管理するにはそれなりの時間や手間も必要です。決済代行サービスを導入すれば、入金管理はもちろん審査や契約手続きなども代わりにやってもらえます。なお、決済代行会社が間に入ってくれるので、決済機関と直接やり取りする必要もありません。

システムのメンテナンスも対応してくれる

決済代行会社はそれぞれのECサイトに合った決済手段を提案してくれます。手数料やサービス面など、細かい部分まで比較した上でアドバイスしてくれるのも特徴です。管理ツールが一元化されており登録ミスなどのリスクも少なくなっています。また、各決済機関の売上をまとめてチェックすることも可能です。決済機関の入金サイクルに関わらず、売上金額は同じ入金日に一括で振り込んでもらえるので便利です。さらに、システムは決済代行会社から提供され、アップデートなどのメンテナンスもすべて対応してくれます。セキュリティ対策もしっかり行われているので安心です。決済代行会社によっては、不正利用があった場合に一定額まで保証してくれるプランも用意されています。