決済代行サービスでできること

各決済機関との契約を一元化

決済代行サービスは、加盟店・ECサイトと各決済機関との間に入り、様々な事務処理を代行してくれます。クレジットカード決済やコンビニ決済、携帯キャリア決済など、各社と個別に契約しようとすると、その度に申請方法や審査基準、手数料などを比較・検討し申請手続きをしなければなりません。また、締め日も会社により異なるので、入金のタイミングもバラバラになります。 決済代行サービスを利用すれば、契約手続きや売上・入金管理をまとめて代行してもらえて、入金サイクルも一定になります。さらに、導入する決済方法を比較・検討する際にも相談できたり、マーケティングに関するアドバイスをもらったりすることも可能です。このように、窓口が一元化され、店舗・ECサイトの立ち上げや運営の労力とコストを軽減できることが、決済代行サービスのメリットの一つです。

決済システムの導入コストを軽減

決済代行サービスのもう一つの魅力は、決済システムの導入コストを抑えることです。クレジットカード、コンビニ、QRコード、電子マネーなど多様な決済方法に対応するシステムを開発するには、非常に大きな工数と費用がかかります。また、各社の決済システムに接続する場合、売上・入金の管理画面を別々に利用しなければならず、煩雑になります。 決済代行サービスを利用すれば、システムの構築やアップデートを代行してもらうことで、導入・管理コストを抑えることが可能です。さらに、決済代行会社がすでに完成させているシステムや端末を借りることで、大幅にコストダウンできるだけでなく、管理画面も一元化され、事務的な負担も軽減します。その他にも、改正割賦販売法「カード情報非保持化」に対応できる、カード情報を残さない専用の端末を借りられるサービスもあり、コストを減らすことが可能です。

コンビニの決済代行は、様々な種類のアイテムを扱うネットショップで支払い方法のひとつとして定着しつつあり、利用客側は決済手数料が掛からないケースも増えています。